伊勢志摩への旅・4 ~不運・幸運~

夏休みにためこんだ、いろいろな用事を片付け終わらないうち、あっという間に『シルバーウィーク』などと呼ばれる連休がやってきました(^_^;)
連休になると夏休みと同様、主婦は忙しくなります~。

出かけたなら、その準備と段取り、後片付け。
家でのんびりしたなら、家族四人分の三食のご飯の支度。
しかも、シルバーウィーク初日の20日は、長男マメ(中1)の中学校の運動会でした。
(なんと、家族が見に行くのです!私たちの頃は、もう親は来なかった気がするのですが・・・。)

そんなこんなで、ブログの更新もできなくて・・・。
9月も終わりだというのに、夏休みの旅行のお話を読んでいただくのは本当に申し訳ないのですが・・・あと少しだけ、お付き合いくださいね。




*不運なお昼ごはん*
それは、伊勢志摩に着いてすぐの出来事でした。
思いのほか、早く伊勢神宮に到着した私たちは、近くの「おはらい町」と呼ばれる、レトロ風の家並みが並ぶ商店街で、早めの昼食を済ませることにしました。
あらかじめ、ガイドブックで選んでいた釜飯のお店をさがして入ったのですが・・・。
「はい、どうぞ。」
運ばれてきた釜飯がまったく熱くありません。
パパや二男タコが頼んだ伊勢うどんはコシがなく、お箸でブツブツ切れてしまいます。
しかも、冷たいおうどんはなぜかすべて50円増しのお値段。
「伊勢うどんって、こんな風に切れるものなん?」
「50円って、この上に乗ってる氷代なのかな・・・。」
釈然としないまま、仕方がないので食べ続けた私たち。
途中、お冷のお代わりを頼むと、ちゃんと入れやすいようコップを4つ並べていたにもかかわらず、3人分しかお冷を入れてくれなかったのにはビックリ!
食べ終わってからお勘定をお願いしても、店員さんどうしで、
「はい、あなたお願い。」
「あなたね。」
「はい、あなた。」
と、三人をたらい回し・・・(゜o゜)
一体、この釜飯屋さんは・・・どうなっているのか・・・。
私たちは決して怖ろしく人相が悪いわけでもない、普通の家族連れなのですが・・・(^_^;)

今でも、
「本当に伊勢うどんって、あんな味の食べ物なのかな・・・?」
「きっと、もっとおいしいものなんじゃないかなあ?」
私たち家族の間で、ギモンはふくらむばかりです(>_<)



*幸運の青い鳥・カワセミ*
伊勢神宮の内宮には、出入り口に「宇治橋」という木の橋がかかっています。
清流・五十鈴川を越える橋で、川にはシラサギやカワウの姿が。
参拝を終えた私たちは、
「きれいな川だねえ。」
「お天気がいいから、空と水の色がくっきり見えるね。」
などと言いながら、ゆっくりその橋を渡ってゆきました。
と、何か小さな瑠璃色のものが、矢のように川面に突っ込み、刹那、対岸の枝にとまります。
目を凝らして見ると、カワセミです!

実はずっと以前から、兄マメはカワセミを探し続けていました。
鳥の図鑑で見つけた、瑠璃色の小さな鳥。
そのカワセミの写真を撮りたくて、あちらこちら居場所を探していたのですが、まったく巡り会えず・・・。

「マメ、マメ、カワセミだよ!あそこに、ほら!」
「えっ・・・ええええええっ!!!」
マメが大慌てで橋の上からカメラを構えている間にも、カワセミは綺麗な色の翼をひらめかせ、何度も川へダイブを繰り返しています。
が、幸運なことにカメラを向けたとたん、木の枝でポーズをとるようにじっととまっていてくれました。
「マメ、ちゃんと撮れてる?」
見ると、カメラを持つマメの手が不安定に揺れています。
「・・・なんか・・・嬉しくて、手の震えが止まらへん・・・。」
実際のところ、かなり離れた位置だったので、ピントが合わずに苦労していた様子。
(マメのカメラは一眼レフではないし・・・。)
でも、念願のカワセミをちゃんと撮ることができました(^_^)v

●カワセミ (マメ撮影)●

画像


今回の旅で、一番の幸運です(^_^)



*二男タコの撮影写真*
今までブログにアップしていた伊勢志摩での旅の写真は、すべて兄マメが撮ったものです。
でもマメだけではなく、弟タコ(小5)もコンパクトカメラで、がんばってたくさん撮影しました(^_^)
いくつかアップしましたので、見ていただけたら嬉しいです。

●パルケエスパーニャ (タコ撮影)●

画像



●鳥羽水族館~かくれんぼ~ (タコ撮影)●

画像


●鳥羽水族館~まるいお腹~ (タコ撮影)

画像


弟タコは将来、カメラマンになって兄マメと一緒に世界を回るのが夢だそうです(^_^)




長い間、季節外れのお話にお付き合い、どうもありがとうございましたm(__)m
これからは皆さまのブログにも少しずつ訪問させていただけると思いますので、よろしくお願いします~(^_^)

"伊勢志摩への旅・4 ~不運・幸運~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント