伊勢志摩への旅・2 ~芭新萃(はなしんすい)&パルケエスパーニャ~

伊勢神宮を回り終えた後、私たちは早めにその日の宿、芭新萃(はなしんすい)に向かいました。
と、いうのも、夜、パルケエスパーニャ(志摩スペイン村)のパレードと花火を見に行く予定をしていたからです。

芭新萃は山あいにある、閑静な和風旅館です。
たまたまネットで見つけたところだったのですが、思いがけなく素晴らしい宿でした(^_^)

画像


窓の外に広がる緑が、まるで一幅の絵のよう。
夕暮れ時には、いちめんに空が色づきました。

画像




私たちがネットで見つけたのは、芭新萃の夏休み限定ファミリーコースでした。
小学生の子供の宿泊費や食費がすべて無料、家族で入れる露天風呂も無料貸し切り、パルケエスパーニャ送迎と、入園料も子供は無料。
その代わり、お料理に伊勢海老等の高級食材は付きません、ということでした。
ところが・・・
部屋食での晩ご飯の豪華さに、家族四人、目が点になってしまいました~~(゜o゜)

前菜、胡麻豆腐の茶碗蒸し、なすのポテトサラダのせグリル、ローストビーフのサラダ、鱧の酢の物、お造り三種、山芋のジェル、あさりたっぷりの小鍋、お吸い物、メロン、トマトカップのグラタン(子供のみ)。
弟タコのみ、ハンバーグや大きなエビフライが二つもあるお子様ランチです。
(ひとくちもらったハンバーグ、すごく美味しかった~!!)

これだけでも十分なのに、
「女将からの心づくしです。」
と、伊勢海老の半身焼き物、あわびのお造り、生ウニが一皿ずつ運ばれてきたのでした。
ウニはなんと、針が動いています~(゜o゜)
スプーンですくってひとくち食べると、なんとも言えない風味と甘さ!
アワビはこりこりしているのに、柔らか。
伊勢海老もプリプリで海の香りがします。
思いがけない幸せに、家族四人、うっとりです~(>_<)
他のお料理も、
「あ、すごくおいしい野菜を使ってる。」
「小鍋の出汁、めっちゃうまい!!」
と、素材の良さに気付くことができるような、素晴らしい美味しさでした。



●なすのポテトサラダのせグリル●

画像



●生ウニ●

画像





お料理を堪能したあとは、旅館の小さなバスに乗って、夕暮れの中をパルケエスパーニャへ。
芭新萃から30分ほど、山あいの道を走ります。
運転手さんは穏やかな感じの、年配の方。
なのに・・・外灯もないカーブ続きの道を、走る、走る、走る!!
今回の旅行は、スピードに縁があるようです(>_<)



●パルケエスパーニャの花火●

画像


いつも見に行くマリーナシティの花火とは違い、パルケエスパーニャでは建物をライトアップした美しさやレーザー光線の演出があり、とても華やかでした(^_^)
ただ・・・私はやっぱり遊園地系の楽しさがあまりわからなくて・・・。
パレードも綺麗だし、イルミネーションもわくわくするのですが、なんだか手持ち無沙汰になってしまうのでした(^_^;)
どちらかというと、山へ星を見に行く方が好きかなあ・・・(^_^;)



宿に帰ってからは、家族貸切の露天風呂でのんびり~。
熱い岩風呂に涼しい風が吹いて、バッタが洗い場の灯りにとまっています。
「やっぱり旅の醍醐味は宿と温泉かなあ~。」
しみじみそう感じた1日でした。
                                                      ~続く



夏休みが終わって、ホッとしているこの頃です(^_^;)
休み中は落ち着いてパソコンの前に座る時間が取れなくて、毎日バタバタしている感じでした。

兄マメも弟タコも、とりあえず新学期のすべり出しは好調のようです。
なんとタコは学級委員に推薦されていて、私も母友達も、みんなびっくり。
タコはおとなしくて真面目、というイメージで、人の前に立って何かをするタイプではなかったのです。
今のクラスの雰囲気が良いので、タコも今までとは違った面を出せるようになったのかもしれません。

9月は体育祭の練習と、タコの方は地元の八幡神社の太鼓の練習があります。
(毎年10月の秋祭りに、小学5年生の男の子たちが叩くことになっているのです。)
体力的にかなりきつくなりそうですが、早寝早起きで乗り切ってくれればと思っています。


伊勢志摩への旅、あと2回ほど書かせていただくつもりです。
お付き合いいただければ嬉しいです~(^_^)

"伊勢志摩への旅・2 ~芭新萃(はなしんすい)&パルケエスパーニャ~" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント