京都国立近代美術館・秋野不矩展に行ってきました

画像



4月16日の水曜日、京都国立近代美術館へ『秋野不矩展』を見に行きました。
(写真は、美術館の3階から撮った、平安神宮の鳥居です。)

秋野不矩さんは日本画家。従来の日本画の常識の枠を破り、インドやアフリカの人々や風景をたくさん描いたひとです。

5年ほど前、兵庫の美術館で初めて秋野不矩さんの絵を見た時、たいへんな衝撃を受けました。
掛けられている絵の、そこだけが異空間へ通じた窓で、今まで感じたことのない雄大な空気が流れ込んでくるような気がしたのです。

一番心に残った『ガンガー』という絵です。

画像



兵庫の美術館でも、今回の京都でも、最後まで見終わった後、必ずまた、この絵の前に戻ってきてしまいます(>_<)
吸い込まれそうな金の大河を、水牛の群れが渡っているだけの、絵。
すうっ、と不思議な空気が流れてきます。
『ガンガー』はかなり大きいので、同じように大きなサイズの絵を集めた、囲まれた一角に掛けられていました。
そこでずっと、長い間見入っていたため、周りに人が誰もいなくなってしまったことも・・・。
こんなに惹かれる絵と出会えたのは、とても幸運なことなのかもしれません。



平日だったせいか、美術館には年配のご夫婦と、一人で来ている女性が目立ちました。
ロッカールームで帰り支度をしていた時も、私より10歳ほど年上の女性がいたのですが、何か困っている様子。
ちらっと目が合った時、
「このロッカーね、お金を入れたのに鍵がかからないのよ。私のやり方が間違っているのかしら。」
と、声をかけられました。
「ロッカーは壊れていることも結構多いですよ。」
「こちらのロッカーは大丈夫だったのかしら?」
「あ、はい。」
「ちょっと見ていてくださらない?お金を入れて鍵を回して。ちゃんとかかったわね。そして開けてみると・・・あら、100円、戻ってこないわ。」
私が使った時は戻ってきた100円が、なぜか出てきません。
「私、確かに入れたわよね。」
「はい、使い方も間違ってなかったと思いますけど・・・。」
「変ねえ・・・。」
上品に、彼女は首をかしげた後、
「あの、少しお時間いいかしら。係の方を呼んでくるので、私が確かにお金を入れた証明をしていただきたいの。」
そう言ってから、あわてたように付け足しました。
「たかが200円のことなのだけどもね。どうしても納得ゆかないでしょう。お時間取らせて、ごめんなさいね。」
ほどなく、彼女は係の人とロッカーに戻ってきて、何もかも解決することができました(^^)

こんな風に、見知らぬ人とのちょっとした交流が、今回は何度かありました。

美術館まで乗ったバスの中で、修学旅行らしい男の子の忘れた傘を、気軽に手渡してあげたり。
大きな荷物を持って乳児を抱いたお母さんと一緒の、2歳くらいの女の子の手を引いて、バスのタラップを降りたり。

普段、私は決して積極的に親切なタイプではないと思います。
なのに、京都にはこういうことを自然にできる空気がありました。
満員のバスでは制服姿の学生さんたちが、ごく当たり前のように、年配の方に席を譲っていたし・・・。
たくさんの人が集まる、観光地ならではの雰囲気なのかもしれません(^^)


田舎の小さな地域で毎日を送っていると、京都のような「都会」に一人で出ると緊張します。
電車に乗るのにも、「都会」では大きな駅に何本もの線路。ズラリと並ぶ電光掲示板。
凝った造りの駅ビルを、縦横に流れる人の波。
自分の行きたい方向を見失ってしまいそうな感覚です。

大阪・梅田を経由して通っていた学生時代は、人があふれる迷路のような地下街をゆくのが楽しくってうきうきしていました。
でも正直なところ、今回は京都まで行くのに不安の方が大きかったのです。(重度の方向音痴だし!)
ただ、実際着いてみると、少しずつ「楽しい」感覚が戻ってきました(^^)
自分の頭と体のためにも、たまには都会の刺激を受けるのもいいなあ、と、感じた京都行きでした。



最後に特筆すべきは、パパへのお土産に買った京漬物が、感動的においしかったこと!
ただの白菜漬けが・・・なんでこんなに深い風味をまとっているのか(゜o゜)
ああ、「おたべ」なんか買わずに、もっとお漬物を大量に仕入れて帰るんだった~~!!
後悔しきりです(^_^;)


●今日の言葉●
    
    片付けて寝るのですつよい感情ももとあった場所へかならず戻し
                                    (米川千嘉子)


"京都国立近代美術館・秋野不矩展に行ってきました" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント