『第10回 和歌浦ベイマラソンwithジャズ』に参加しました(^_^)v

24日の日曜日、『和歌浦ベイマラソンwithジャズ』に家族四人で参加しました。
三回目になる今年は、パパ、長男マメ(中2)、私の三人が5㎞ジョギング、二男タコ(小6)が3㎞ジョギングに挑戦。
昨年までは2㎞のファミリーコースだったので、皆、ドキドキです。
「救急車で運ばれないよう、無理は禁物だよ!」
走る前、そう言い交わしたくらい、今回は四人とも練習では満足に走りこめていませんでした(>_<)

特に私は10月に入ってからまた鼻炎がひどくなり、朝のジョギングすら休みがちに・・・。
たった二度、フィットネスクラブのランニングマシンで45分ほどかけて、5㎞を走っただけでした。
だから、今回は最後尾をのんびり走っての完走が、一番の目標だったのです。



当日は小雨模様の天気予報に反し、明るい曇り空。
その上、かな~りの暑さでした。(半袖Tシャツ1枚で十分なくらい・・・。)
ファミリーコースと同じように、5㎞でも仮装をしている方たちがいて、奈良のせんと君の一団や戦隊モノの着ぐるみトリオ、アニメ『ドラゴンボール』のベジータ、チャイナドレスのお嬢さんたちも・・・。
一方で、ランニングスカートやシャープなスパッツを身に付けた、おしゃれで本格的な女性ランナーも多かったです。
「でも、私と同じようなおばちゃんも結構いるなあ。」
そう思うとちょっと気が楽になりました。


スタートの合図で、一斉に動き始めます。
何百人ものひとが集まっているので、やっぱり最初はゆっくりなのですが、次第にスピードが上がってゆきます。
つられてつい、私も速く走りそうになり、
「はっ、目標は完走だった!こんなところから、とばしすぎてはいけない!」
できるだけ自分のペースを保つよう心がけました。
ただ、最初の急な上り坂「サンブリッジ」ではペースが落ちる人が多く、どうしてもスイスイ抜いて走ってしまうことに・・・。
そのまま下りでもスピードがついてしまい、その勢いでずっと先の折り返し地点まで、結構なハイスピードになってしまいました。
しかも、全然苦しくないし、足の疲れもまったくなし。
「もしかして、今日は絶好調?!」

・・・・ろくに練習もしていないのに、そんなわけがありません・・・。
内心、自分のハイスピードに浮かれつつ、折り返し地点を過ぎ、再び彼方に「サンブリッジ」を望み始めた頃・・・・
「ええええっ・・・!し、しんどい~。足が、あ、上がらない~。」
ズシン!ズシン!と音をたてるように、体が次第に重くなり、息が苦しくなってきました。
「このまま、あの坂を上らなければならないんだよね・・・。」
迫りくるサンブリッジを見上げるだけで、だんだん気持ちが萎えてゆきます。
周りでは、あちらこちらで走ることをあきらめて歩き始めている人たちが・・・。

でも、
「もう無理。足、上がらない。心臓も限界。」
そう思いながらも、どうしてもよたよたと走ることをやめられない私。
「目標は完走だもんなあ。少しでも歩いてしまったら、全部走ったことにならないもんなあ。」
こんな時、おばちゃんはしぶといです(^_^;)
まるで重い荷物を引っ張っているように、前かがみで猫背になりながら、一歩ずつサンブリッジを踏みしめて走りました。

なんとか橋を渡りきり、気持ちも切れてよろよろになっているあたりで、沿道に『写真撮影』の看板が。
「はい、写真を撮りますよ~。がんばってください~。」
明るい声で、カメラマンさんが一眼レフを構えています。
いくらおばちゃんでも、ゾンビのような顔で写るのはちょっと困るので、少し姿勢を正します。

それも限界に達した頃、またまた沿道に『あと1キロ』の看板が出現。
「1キロなら・・・いつものジョギングの半分だ。がんばろう。」
ただ・・・その1キロの長いこと。
走っても走っても走っても、遠くに見えたゴールが近づいてくれません~~(T_T)
「もう歩こう。もう無理。」
「ゴールがあそこにあるのに?歩く?」
繰り返す、自問自答。
足はふらふらで、どの関節もグラグラ。
ただ、前に体が泳ぐように進んでゆくだけ・・・。

そんなヘロヘロ状態ながら、最後にはなんとか無事、ゴール!
幸い、救急車のお世話にはならずに済みましたが、自分の限界ははるかに越えていました(^_^;)

記録は35分41秒。
40歳~59歳女子の部272人中、156位です。

「よし、次はもっとちゃんと走りこんで、30分台を目指そう!」
何事も、喉元をすぎれば瞬時に忘れる性質が、こんな時も発揮されて・・・本当に懲りない私です~(>_<)

ちなみに、パパもマメタコ兄弟も無事、完走。
パパは40~59歳男子の部458人中、83位と大健闘でした(^_^)v


今回は沿道で演奏されていたジャズも楽しめて(折り返しまでのことですが・・・。それ以降は余裕がなかったです~!)、去年とは違った雰囲気のジャズマラソンでした(^_^)
マリンショップの店先でフラダンスを踊ってくれていた小さな女の子二人も、かわいくて癒されました~。



「抜いたり抜かされたりしているうちに、自分のペースが崩れて苦しくなるなあ。」
「折り返し地点まではええんやけど。」
「そう、サンブリッジが見えてくるあたりからが、しんどくなるんや~。」
走り終えて、屋台のおうどんや焼き鳥を食べながら、四人で後話をするのも楽しみのひとつです。

どうか来年も皆、元気で参加できますように(^_^)
(ああっ、兄マメは受験生だ・・・。)




ところで、今日。
相変わらず鼻炎の調子が悪くて、朝から行きつけの医院に行こうとしたところ、家を出てすぐ、里山に沿った用水路で、小さな瑠璃色の鳥を目撃。
車をとめて目を凝らすと、瑠璃色の羽に鮮やかなオレンジの胸、体の割には長いくちばし。
間違いなく、カワセミです!
「うちの近くにいたなんて・・・。」
10年以上ここに住んでいるのに、カワセミに出会ったのは初めて。
心楽しい一日となりました(^^♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

シリウス
2010年10月26日 17:42
うん、ジャズマラソン晴れてよかったね♪

結果もちょうど見ちゃってました。
誰かいるかなぁ~知ってる人
みことさん以外ね
出てるの知ってたし

完走おめでとう!!
また私はこの時期サッカーでした・・・。
2010年10月26日 20:05
5キロマラソン、みことさん完走。
おめでとう御座います~~♪
段々に、子供さん達に先を越されて終いますね。
それもまた成長した証、お幸せなことですよね。

わたし、もう10M走るのも無理かもしれません。
もうって?昔から走るの苦手でしたから。(笑)
学生時代に強行遠足というのが有って、
体力と相談しながら走るのですが、私は40Kが限界でした。
もう途中からは、歩くのもやっとでした。
火ぶくれの様なマメがいっぱい出来ました。
今となれば、若かったんだなぁって懐かしく思います。

翡翠に出会えたなんて、素晴しいですね。
今度は、撮れますように~~
真柴みこと
2010年10月27日 16:35
*シリウスさま
天気予報では小雨だったので、かなりドキドキでした。
ただ、晴れた分、オソロシイ日焼けが・・・(>_<)

会場ではいっちゃんの家族と会いました。
お父さんが同じ5㎞を走った由。
他にマメタコの同級生は何人かいましたが、母世代は知っているひと、誰もいなかったです~。
真柴みこと
2010年10月27日 16:43
*S子さま
ありがとうございます(^_^)本当に、もう走るのは子供たちについてゆけません~。
それにしても・・・強行遠足!
名前からして、すごく厳しそうな・・・(>_<)
5㎞を走った後なので、40㎞のすごさがリアルにわかります!
火ぶくれのようなマメ・・・何日も痛んだのでしょうね。

小説『夜のピクニック』は現代版の強行遠足を描いたものです。
とても面白かったので、機会があれば手に取ってみてください(^_^)

カワセミ、あれからまだ出会えません~。
根気よく、幸運を待ちますね。