『天の羊』

学生時代の友人Mさんが、お誕生日に本を贈ってくださいました。
林完次さんの『天の羊』。
美しい天体写真に短いエッセイが添えられている、素敵な本です。
思いつくまま、どこからページを開いても、濃紺の空、紫の空、漆黒の空・・・様々な夜、様々な星を楽しめることが嬉しいです。

林完次さんの本は他にも『宙ノ名前』『月の本』を持っています。
『月の本』は新古書市で安く買ったのですが、それでも2000円ほどで、私にとっては高価な買い物でした。
ところが先日、本屋さんで新しい装丁の『月の本』を見かけたのです。私のは、でこぼこ感のある、紺一色のレトロな装丁。それが、フルカラーのきれいな表紙になっています。
「新古書で買っててよかった~。」
洗練された美しいものより、ちょっと不器用な感じの方が、私には合っています。

『天の羊』『宙ノ名前』『月の本』
本棚に好きな本が並んでいると、それだけでほっこりした気持ちになるから不思議です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント