プールへGO!

この夏休み、おたふく風邪のせいでほとんどプールにも行けなかった長男マメ(小4)。
水曜日、私の高校時代の同級生Yさんから、
市営プール→バーミヤンでランチ→県立博物館
というスペシャルコースのお誘いがあったので、子供たちを連れて出かけました。

二男タコ(小2)は3歳の頃、重症の中耳炎をくり返すため、手術をして両耳の鼓膜に細いチューブを入れていました。去年、チューブは自然に抜けたのですが、右耳だけ、そのチューブの穴がふさがらなくて、いずれは外科手術が必要です。
当然、水泳はずっと禁止。学校でも見学ばかりです。

だから、家族でプールに行く時にはしっかり浮き輪を持たせて、首から上が水につからないよう要注意。去年までは背も低くて頼りなくて、市営プールでもヒヤヒヤだったのが、今年はしっかりしていて、浮き輪をしたままバタ足で
「50メートル泳げた~。」
と、大喜びでした。

ところで、私の同級生YさんにはYユキくんという小3の息子さんがいます。
彼はとても活発で、プールでも魚のように自由自在、あまりに動きがはげしいので、ふざけて乗った浮き輪の栓が2度も抜けてしまったほど。見ていて本当に気持ちがいいくらい、泳ぐことを楽しんでいます。
対してうちのマメは・・・10メートル泳ぐのがやっとです・・・。
飛び込んだり、逆立ちしたりの激しい動きは
「ぼく、それちょっと苦手。」
ニッコリ笑って、絶対にチャレンジしようとしません。
スポーツをさせると、私はいつもイライラ!!!
「一度やってごらんよ。コツがわかれば、できるようになるよ。」
「ん~、まあ、ええやん。」
へらへらと笑いながら、へらへらと泳ぎ、それでも本人は結構楽しいみたい。

ところが!
Yユキくんと遊ぶうち、マメがめずらしく本気モードになりました。
潜ることを覚えようとし始めたのです。
「こう、こうやろ、こうしてグッと壁を上へ蹴って・・・」
Yユキくんが教えてくれるのを聞いて、マメもチャレンジ。
こんな時、マメの素直でコツコツがんばる性格がとってもプラスに。
最初はまるでダメだったのに、プールの底にお腹がつくぐらい、1メートルは潜れるようになりました。
大人が言うよりも、子供どうしで遊ぶことの方がずっと効果があるんだな~と、実感した次第です。



県立博物館は、プールのすぐ横にあり、子どもは無料。
ロウニンアジやエイが泳ぐ大きな水槽のほか、カミツキガメやアリゲーターガーなど、県内で見つかった危険な外来生物、サンショウウオ、タカアシガニなどの淡水、海水の生物を見ることができます。
しかも、鉱物のコーナーまであるので、石の大好きなタコと私は大満足。化石をみたり水晶を眺めたり・・・。子供より私のほうが夢中になってしまうことも。

博物館を訪れる人は、多くもなく少なくもなく・・・。大きな水槽の前にあるソファに身を沈め、
「気持ちいいよね~、魚が泳いでいるのを、ぼ~っと見てるのは。」
「ほんとだね~。」
Yさんも私も、夏休み疲れを癒すひととき。
子供たちはそれぞれ、興味のある展示を見に行っています。

夏休みもあと少し。
子供たちにとって、いい思い出がまたひとつ、増えていればいいな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年08月26日 08:41
プールのすぐ横が博物館なんていいロケーションですねー。
夏休みらしい思い出ができてよかったですね。

タコ君は結局無事なままキャンプに突入なんですね(*^_^*)
どうほ
2006年08月26日 13:09
マメくん、ブラボー!!
やっぱり、親がいくら言うよりも、友達や先生に言われた方がやる気が出るみたいですよね。ウチのしーちゃんもまいちゃんもそうです。私がいくら言ってもしないのに先生に言われたらちゃんとしたり、友達が出来るようになったら頑張って練習してみたり・・・私はナメられてるのか・・・?
でも、マメくんの性格、ウラヤマシイです。ウチの姉妹には全く無い物です(T_T)どうしたらコツコツと根気良く、素直にやってくれるのか・・・
ああ~”素直”って、ホント、いい響きですね~(ToT)
真柴みこと
2006年08月29日 00:27
*サンタママ さま
夏休み後半ギリギリで、やっと思い出作りです(^_^;)
おたふく風邪、ついに発症しませんでした。あれだけくっついていたのに、本当に不思議です。
嬉しさ半分、心配半分ですね~。

*どうほ さま
親の力はこれからどんどん小さくなっていくのでしょうね~。幼い頃は、母が世界のすべて、って感じだったのにね。

マメの素直さは、大ボケとセットになっています・・・。長男だとか年上だとか、そんなプライドはカケラもなくて、ひたすら素直。
いいのか悪いのか、微妙です~。