南紀白浜へ行ってきました

7月24・25日、南紀白浜へ行ってきました。
メンバーは私の母と弟夫婦、長男R君(年長)、弟N君、妹Mちゃん(双子で共に3歳)、うちのマメ(小4)、タコ(小2)、そして私の9人です。(パパは仕事が忙しくて、お留守番でした・・)
大雨が心配されていたにもかかわらず、朝は薄曇。白浜が近づくにつれ、お日さまが顔を出し、皆、
「私の日ごろの行いが良いからだ。」
と、それぞれに言い合っていました(^_^;)

エクシブ白浜にチェックインしてから、まずはアドベンチャーワールドへ。
弟夫婦の長男R君は、車や電車にはハマらずに、動物にハマっている由、和歌山に来るたび、アドベンチャーワールドに行くのを楽しみにしているようです。
R君はおとなしくて大人なので、嬉しい時も「きゃーっ!!」とはしゃいだりせず、満面に笑みをたたえ、幸せそうにニッコリ笑うだけ。
そのそばではマメが、三歳児のN君、Mちゃんと三つ巴になりながらふざけて大騒ぎ。抱っこしたり振り回したり、すごくにぎやか。
それをタコが遠巻きに、ニコニコしながら見ています。
子どもでも、性格は様々だね~。

アドベンチャーワールドで一番子どもたちが喜んだのは、サファリの草食動物エリアを小さなカートで回ること。カートは4人乗りと5人乗りの2種でドアもなく、屋根が付いただけのジープのような電気自動車。自分たちで運転をして、パーキングエリアに車を停め、動物にエサをやったりすることができます。
4人乗りで一周40分3000円、と、うちにしては高価なので、一度も利用したことがなかったのですが、今回は大奮発しました。
デジカメで写真を撮ることに凝っているマメは
「ここ、ゆっくり走って!・・・やったあ、バイソン、いいのが撮れた~!」
と、大喜び。

ところが・・・ヤギにエサをやろうとした時、マメもタコも
「こわい~~~。」
と、エサを投げてばかり。手のひらにのせたのを、ヤギはペロッと上手になめとるのですが、それがこわくてできないのです。
R君はさすが、慣れた様子でエサをやっています。双子の弟N君も、かなり強引ながらやっています。なのに、マメタコ兄弟は~~~。
結局、最後までできないで終わってしまいました・・・。
次からは3000円、ケチらないで慣れさせよう・・・。
                                                ~続く

夏休み、やっぱりパワーが要ります・・・。なかなかブログを見る時間、書く時間が取れないです(T_T)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月28日 07:53
いいなー
パンダの赤ちゃんが生まれた時行きたかったの…
うちは次男が動物好き。だから連れて行ってあげたいなー。
でも名古屋から結構遠いんですよねー(行きにくい)
姉が神戸にいるのでそこから連れて行ってもらおうかしら???
 続きが楽しみです。(小学校にエイ君を連れて行くと実感するのですが女の子より男のこの方が小さい子と遊んでくれます!根気もいいです!)
どうほ
2006年07月28日 10:25
好天で何よりでした(^_^.)
ウチもアドベンチャーワールドは随分以前に行ったっきりです。
父が動物嫌いなもので・・・(^_^;)
子供たち二人は動物好きだけど、エサをあげたりするのはちょっとダメ・・・かも・・・マメ君、タコ君兄弟と一緒です。
夏休みで色々忙しいでしょうけれど(私も・・・)続き、楽しみにしています。

シリウス
2006年07月28日 19:44
動物と接することがなかなかないご時勢。
動物園は和みの場所だよね。
夏休を有効利用されているようでいいですね。
真柴みこと
2006年08月06日 15:48
長い間、コメントもそのままで申し訳ありませんでした。やっとブログに手が回るようになりました・・・。

*サンタママ さま
パンダ、かわいかったです~。ひたすら笹を食べまくっていました(^^)
白浜までは高速道路がずいぶん延びたので、和歌山市から車で2時間かかりません。神戸からでも、楽にいけるのではないでしょうか。
動物と触れ合えるところが多いので、次男君が動物好きならオススメです!

*どうほ さま
うちはおばあちゃんが動物嫌いなんですよ・・・。私達がアドベンチャーワールドへ行っている間、一人ホテルでのんびりくつろいでいました。
私は動物好きだから、もったいないと思うのですが(^_^;)

*シリウス さま
久々に象やサイなど大型の動物を見ると、感動します~。ゆうゆうとしていていいよ~。
まだまだ夏休みはこれから。また今年も花火しようね!