夏休み・初日

夏休みの宿題をやっていた長男マメ(小4)が、おもむろに筆箱から、小さなプラスティックの型を取り出した。透明で薄くぺらぺら、よく見るとコアラの親子の型のようだ。
「何、それ?」
「給食に出た、チーズのカラ。洗って持ってかえって来たん。」
「何のために?」
「凍らすためや。」
マメはニッコリ笑って、それをきれいに洗い、ミネラルウォーターを注意深く注ぐ。
型は薄く小さいので、かなりの量があふれてしまった。もったいない、と言いたいのをおさえて、私は安定がよくなるよう、小さなお皿をマメに手渡した。
「ありがとう!」
冷凍室にそっと入れ、マメはわくわく~な顔。
「コアラの氷、おいしいかな?」
「そうだね、きっと、おいしいのができるよ。」
味なんか変わるわけないのに、なんて大人は思ってしまうけど、こんな子どもの心のやわらかいところって、ちょっとうらやましくなる。

宿題が終わったあと、マメは冷凍室から型を取り出した。二男タコ(小2)も目を皿のようにして、一緒に見ている。
「できてる、できてる、コアラの氷!」
「うわ~、すっげ~!!」
仲良く半分ずつ氷をかじった二人は、
「うまい!コアラの氷、うまいなあ。」
「最高や、コアラの氷!」
ただの氷に大騒ぎしている。
「次はお茶や。麦茶、凍らそ。」
「次はぼくがやる。さっき、マメが凍らしたやろ。ぼくもやりたい。」
「あかん。この型は、ぼくが持ってきたんやで。タコのとちがうんや。」
「貸してくれへんのか、ケチ!!マメのケチ!アホ!」
一転して、険悪ムードのマメタコ兄弟。嵐になる前に食い止めるべく、私は皿洗いの手を止めた。
「ちょっと待って、けんかはしないで・・・タコ、タコは麦茶を凍らせるのはイヤなの?」
「うん、いやや。」
「何がいいの?」
「ポン酢。」
「・・・・・(゜o゜)」

タコのポン酢好きはスゴイ。
ハンバーグも蒸し鶏も、ポン酢。
時々、「お願い、ポン酢、飲ませて。」
などと言い、それが叶わぬ時は、ハンバーグなどのお皿を傾け、残ったポン酢をすすったりしている。

「ポン酢はだめだよ。」
「なら、しょうゆ!」
「・・・・・(゜o゜)」

結局、レモンウォーターとアクエリアスを順番に凍らす、ということで決着したのだけど・・・なんでタコは、こんな渋すぎる子どもに育ってしまったんだろう・・・。
思わず、『タコの前世』などを考えてしまう、夏休み初日であった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年07月23日 10:05
ポン酢のシャーベットってどんな味なんでしょ???
うちの次男坊も残った醤油やケチャップを舐める人…
最近は減りましたけどねー^^
どうほ
2006年07月24日 16:43
この手の兄弟げんか、ウチもよくあります。特に減るものじゃなくても、
貸してあげないんですよね~「これはわたしのもの!」って・・・
ほんと、困っちゃいます・・・
ポン酢・・・なんとなく分かります・・・
ウチは下の子が和風の煮汁が大好物!いつも「飲んでいい?」って聞きます。お皿に残った醤油も舐めます。どこの家でも2番目の子は醤油好き!?
シリウス
2006年07月24日 16:46
なんだか、共感します。
うちの子も餃子であまった醤油をゴクゴクと飲み干します。
う~~体によくないよ~~~。
と思いつつも。行儀が悪いですよね、やっぱり。
真柴みこと
2006年07月28日 00:08
☆サンタママ さま
ポン酢シャーベット、夏向きのお料理には使えそうだけど、舐めるのは・・・ちょっとね~(^_^;)

☆どうほ さま
醤油好き、うちだけじゃないんですね~。和風の煮汁は栄養がたっぷりだから、作る方としては飲み干してくれたら嬉しいですよね。

☆シリウス さま
やっぱり醤油好き?!最近の子どもは渋いのかなあ。本当に、飲みすぎは体に良くないから・・・って、まるでお酒だね(^_^;)